スタッフの負担を大きく軽減させられる介護ソフトの導入を進めよう

サイトマップ

手を重ねる

介護ソフトを導入するとどういう業務が楽になる?

笑顔の老人

介護の現場への導入が進みつつある介護ソフトですが、介護ソフトの導入を検討している事業者の方からは具体的にどういった部分が楽になるのか知りたいと言う声も聞かれます。
介護ソフトによって業務負担が軽減されるのは事務作業全般が対象です。介護サービスの利用者情報の管理やケアプランの作成、利用者の個人情報管理やモニタリングデータの収集、介護サービス利用実績記録や利用者への請求書作成など、介護業務におけるほぼ全ての事務作業は、介護ソフトによって処理できます。
さらに、介護ソフトを導入することで、これまでバラバラだった各事務作業が一元的に処理できるようになります。利用者情報とサービス利用記録など、これまではバラバラに処理されていたデータが一元的に処理できるので、一回の入力作業だけで必要なデータ入力が完了します。別の手続きをするために改めてデータ入力をする必要はなく、一元的に処理されるマスターデータのみで完了するため、これまで大きな負担となっていた入力業務が大幅に軽減されます。一つのデータを複数の事務処理で共通して利用するので、データ入力ミスによるトラブルも回避できるというメリットもあります。
介護ソフトによりほぼ全ての事務作業が楽になり、業務の質も上がります。業務負担の軽減に介護ソフトは大きな成果をもたらします。

介護ソフトの導入で介護の仕事は今よりもっと楽になる

慢性的な人手不足が続く介護業界では、労働人員を確保するために様々な改革が進められています。取り組みの一つに介護業界が敬遠される理由は何かに対する調査がありますが、その調査で明らかになった理由の一つが仕事のきつさです。
介護現場の労働負担が重いのは事実です。いわゆる3Kと呼ばれることもある介護の仕事の中でも、特に肉体的な負担と時間的な負担が大きな問題となっています。限られた人員で多くの利用者に対してサービスを提供しなければならない現状では、どうしてもスタッフ一人当たりの業務負担が課題になってしまいます。介護の仕事にやりがいを見出して続けたいという意欲がありながら、仕事の負担が重すぎて泣く泣く現場を離れる人も多く、業務負担の軽減は早急の課題となっています。
介護の仕事をもっと楽にするための解決策の一つが介護ソフトの導入です。介護の現場では書類作成などいわゆる事務作業の負担が大きく、事務処理に時間を取られて超過勤務になることもしばしばです。この負担の大きな事務の仕事を介護ソフトにより効率化することで、仕事の質を維持したまま負担を軽減できます。
短時間で事務処理できる介護ソフトは働く人にとっても利用者にとっても大きなメリットがあります。介護の仕事をもっと楽にする介護ソフトで職場環境を実現してください。

介護ソフトは介護業務を効率化してくれる

介護の仕事はお年寄りのお世話をすることですが、それですべて完結するわけではありません。介護記録を作成したり、支払管理をしたりといった裏方的な仕事も非常に多く、こちらも円滑に行わなければうまく機能しません。効率的な運営のためには、介護ソフトの導入が効果的です。介護ソフトは介護の現場で使うことを目的に作られており、様々な情報を管理することができるものです。例えば、現在利用している人のデータを個人ごとに管理できます。その中には、入金の確認が取れているのか、現在どのような介護を必要としているのかといった情報をまとめられます。そして、ここで管理するデータは従業員で共有することができるので、連携もきちんと行えて効率的な介護ができるようになります。介護の現場は人手不足も課題となっていますが、介護ソフトで情報の管理が効率化されれば、この業務をする人の負担も軽くなるので、人手不足問題の一つの解決策にもなります。介護ソフトは高額な利用料がかかるイメージを持つ人もいますが、中には低額で利用できるものもあります。多少コストがかかっても業務が効率化されれば、無駄がなくなってプラスになるので、導入をおすすめします。

TOP